椅子に座るときはやさしく

皆さんこんにちは、

広島市で重症腰痛専門の整体院

よこがわソフト整体院の院長

奥正範です。

 

院長

 

本日も当院のブログをご覧いただきまして

まことにありがとうございます。

 

さて、本日は

『椅子に座るときはやさしく』というお話をしてみたいと思います。

 

椅子に座るときはやさしく

 

当院には重症の腰痛の方が多く来院されますが、

骨盤の傾きを検査するとほとんどの方がゆがんでしまっています。

 

骨盤というのは、家でいうところの基礎の土台の部分になりますので、

基礎が傾いていると上に建てる家も傾いてしまいます。

仮に基礎が傾いたりすると、玄関の戸が開かなかったり

押入れのふすまが開かなかったり、いろいろ不具合が出てしまいますが、

 

人間の体も同じで

骨盤が傾いていると、腰が痛くなるのは当然ですが、

その他、

肩が上がらなくなったり首が回らなくなったりと

いろいろ不具合が出てきてしまいます。

 

ということで

骨盤はゆがんだままにしておかない方がよいのですが、

そのためにはどうすれば良いのかということですが、

 

当院でおすすめしているのは

まずは、骨盤にやさしくしてほしいということです。

 

骨盤というのは構造上

3つの骨でできているのですが、

上半身の体重が仙骨という骨盤の真ん中の骨にかかってきます。

この仙骨は両サイドの腸骨で挟まれながら支えられているのです。

 

この、仙骨と腸骨の間の関節を仙腸関節といいますが、

この仙腸関節が、上半身の衝撃をもろに受けてしまいますので、

 

椅子に座るときに、勢いよくドスンッ!と座ると

仙腸関節に凄い衝撃がかかります。

 

また、ソファーなどで歪んだままテレビをずっと見てたりすると、

やはり仙腸関節に負担がかかってきて、へんな状態で固まり

しばらくたってから立ち上がろうとすると、腰に痛みが出るということがあるのです。

 

ですので、

骨盤は3つの骨でできていて、ゆがみやすいということを念頭に置いて

なるべくやさしく扱うようにするのがよいのです。

 

もし、日常で気を付けることができるのでしたら

✅ 椅子に座るときは、ゆっくり座る(勢いをつけてドスンと座らない)

✅ 傾いた姿勢のまますわらない。

✅ 一時間に一回くらいは立ち上がって少し歩く

 

上記のようなことを気を付けていただくだけで

骨盤の負担は軽くなりますので、

腰痛でお悩みの方は実践してみてください。

 

 

 

よこがわソフト整体院

082-295-9190

当院へのアクセス情報

住所広島市西区横川新町15-8 YSビル1階
予約完全予約制とさせていただいております。予約時間の5分前までにお越しください。
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話082-295-9190
施術中は電話に出られないこともありますので、留守番電話に「お名前」と「お電話番号」を残しておいてください。こちらから折り返しお電話いたします。
ライン